原因の特定がカギ・雨漏り調査で撤退対策

雨漏り調査前に知っておくべきこと~業者探しのポイントと費用の確認~

雨漏り調査する費用~不安なら業者に確認を~

水滴と手

雨漏りにかかる調査費用は、調査方法や、調査業者によって異なります。トラブルに合わないためにも、信頼のおける調査業者を依頼しましょう。

方法別・調査費用

目視による雨漏りの調査費用に関しては、ほとんどの業者が無料で調査を行なってくれます。しかし、調査をする対象の建物が、調査業者が施工を行なっていない場合などは、目視調査でも調査料金を請求することがあります。赤外線サーモグラフィー調査にかかる費用は、目視調査にくらべると高価ですが、雨漏りの侵入経路を鮮明に確認出来ます。業者によって違いがあり、180,000円〜200,000円ほどかかります。なお、これらの調査をするために、足場を組んだり、高所作業車が必要な場合があります。その場合は、別途料金がかかります。

見積もり時のポイント

状況を伝える
雨漏り調査の見積もりを依頼する時の注意点として、気をつけなければならないのは、調査業者に現時点で確認出来る範囲の雨漏り箇所を正確に伝えることです。目視による雨漏り調査は、事前に聞いた雨漏り状況と雨漏り診断士の推測によって行なわれます。そのため、雨漏り状況を正確に伝えることはとても重要です。早めに状況を伝え、調査をしてもらうことで、修理コストを抑えることが出来ます。
内訳の確認
雨漏り調査を依頼すると、業者が見積もりを提示してくれますが、この見積もりは口頭だけでなく、必ず書面にしてもらうことが大切です。見積もりは依頼した業者だけでなく、複数の業者に見積もりを頼み、相場を踏まえた上で、予算に合った業者を選びましょう。また、見積書に記載された調査内訳を必ず確認してください。なぜなら、不明な工事内容などが含まれている場合があるためです。

一括見積もりを利用する

雨漏り調査の見積もりを出してもらう時に、複数の業者の見積もりを一度に出せる、一括見積もりサイトというものがあります。雨漏り調査は、調査方法によっては高額になるので、一括見積もりサイトを利用することで、予算に合った業者を選ぶことができて便利です。また、利用者の口コミなどの様々な情報も得ることが出来ます。一括見積もりサイトを利用して、信頼のおける調査業者に依頼しましょう。

TOPボタン