原因の特定がカギ・雨漏り調査で撤退対策

侵入経路を確認する雨漏り調査で原因箇所の特定

雨漏りの外部調査~外からの雨水浸入経路~

手と模型

雨漏りの外部調査では、目視や打診調査などが行なわれます。調査を依頼する際には、雨漏り診断士の資格を持った業者を選びましょう。

優秀な業者による調査

建物を見ただけで、雨漏りの原因箇所が見つかる場合もあれば、わからない場合もあります。調査をする際には、雨漏り診断士協会認定の雨漏り診断士の資格を持つ、優秀な業者を選びましょう。外部調査で雨漏り箇所を特定する場合には、目視や打診調査などが行なわれます。それだけで雨漏りの原因箇所を特定するのが困難な場合には、雨漏り調査の見積もりを出してくれます。

業者自身の声

様々な角度から住宅外部の状況を調べていきます。(40代/雨漏り修理業者)

私たちが雨漏りの外部調査を行なう際には、初めは目視によって住宅の状況を確認させて頂きます。目視とはその名の通り、目で見て雨漏りを確認することです。目視をする際には、建物をただ見るだけでなく、お客様から事前に聞いた雨漏り状況を踏まえた上で、雨漏りの原因箇所を推測するため、さまざまな角度から観察する必要があります。

住宅外部に直接触ることで、現状把握が可能です。(30代/雨漏り修理業者)

雨漏り調査には、目視調査だけでなく、打診調査も行ないます。打診調査は、基材を専用のハンマーで叩き、音の変化によって、水の侵入経路、腐食状態を調査します。目視調査の際などにも、住宅外部を実際に手で触ることで現状を把握することが出来ます。これらの調査は、調査員の経験によって導き出されます。そのため、調査員の幅広い知識と経験が必要です。

雨漏り調査を依頼する注意点

雨漏り調査を依頼する際には、注意点があります。雨漏りの依頼主は、実際に建物を業者にみてもらい、見積もりを出してもらうため、室内や屋内に入ってもらう必要があります。そのため、入居許可が必要な場合などは、事前に済ませておく必要があります。調査の前には、出来る限りの詳しい雨漏り状況を把握しておき、業者に報告する必要があります。それによって、調査をスムーズに進行させることが出来ます。散水調査などをする際には、水道と電気の供給が必要になります。

TOPボタン